PR

 電子機器の受託開発などを手掛けるオクト産業(本社東京)は、放射線測定器メーカーであるベラルーシのPolimaster社と提携した。2013年6月に福島県郡山市内にショールームを開設し、Polimaster社製品の展示やデモに加えて、地域住民を対象に放射線測定や安全性などをテーマにセミナーなどを開催する計画である。この発表と併せて、オクト産業は体制強化策と国内・海外の新規事業について明らかにしている。一連の経緯や考え方、戦略について、オクト産業代表取締役の安達良平氏、同社東北圏事業推進代表新規事業担当の阿津坂直樹氏、同社上海総代理の潘 宇氏に話を聞いた。(聞き手:大石 基之=日経ものづくり)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する