PR

 中国・深センで開催されたタッチ・パネルの専門展示会「Touch China 2013(第6回深セン国際タッチパネル技術展)」(2013年5月23~25日、深セン会展中心)の2日目、展示会場のオープンシアターで日本企業の講演が始まると、瞬く間に二重三重の人垣ができた。講演したのは、主催者の日経BP社、貼り合わせ装置メーカーのFUK、表面処理やセンサ電極などの材料を手掛けるDIC、新材料で大型のタッチ・パネルを開発したタッチパネル研究所の4社。内容は前日の技術セミナーのダイジェスト版だったが、講演が始まると、展示会を見学していた来場者はオープンシアターの前で足を止め、メモをしたり写真を撮ったりしながら真剣に耳を傾けていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する