PR

 米国カリフォルニア州で開催された、住宅用太陽光発電システムの補助金に関する説明会での出来事である。参加者が「できるだけ多くの太陽電池モジュールを屋根に設置して、どんどん発電したい」と発言すると、講師は「お宅の電力消費量以上に発電しても、それほど得にはなりませんよ」と回答した。 なぜだろうか。実は米国の住宅向け余剰電力買い取り制度は日本と大きく異なっており、売電で収入を得ることが難しいのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する