PR

 米Texas Instruments(TI)社は、触感フィードバック(ハプティックス)用途に向けた圧電素子ドライバIC「DRV2667」を発売した。特徴は、集積度が高いことだ。圧電素子の駆動に不可欠な高電圧発生に向けた昇圧回路や差動アンプのほか、同社が「デジタル・フロント・エンド」と呼ぶ機能も集積した。これは、圧電素子を駆動する波形パターンを生成したり、格納したりするものだ。この機能を集積したため、波形生成用の専用ICやメモリーを外付けで用意する必要はない。スマートフォンやタブレット端末、ノート・パソコン、キーボード/マウス、家庭用ゲーム機などに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する