PR

 日本製鋼所室蘭製作所は、同社が誇る世界最大の1万4000t水圧プレス機や、機械加工を行う機械工場などを公開した。1万4000t水圧プレス機は高さ17.5mと5階建てのビルほどの高さがあり、最大600tの質量の鋼塊を鍛造可能。例えば、タービン・ロータシャフトの場合、クレーンでつり下げた大型鋼塊を角度を変えながら圧力を加えて円柱に近い形にしていく。600t鋼塊の場合、加熱と鍛造を繰り返すためタービンロータ・シャフトの形状になるまでに25日程度掛かかるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する