PR

 ジャパンディスプレイは2013年6月3日、同社茂原工場に新設した低温多結晶Si(LTPS)TFT液晶パネル生産ラインの稼働式を開催し、同ラインの量産を開始した。第6世代(1500mm×1850mm)のガラス基板を使用し、最新設備を導入することで、ハイエンドのスマートフォンやタブレット端末に向けた高性能、高品質のディスプレイを生産していくとする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料