米Eaton社の産業機械部門で航空機や輸送機械の部品、油空圧機器などを製作する同社インダストリ・セクターは、全世界の開発拠点を統合するITシステムの構築を進めていることを明らかにした。開発期間を短縮するため、世界の時差を利用して拠点間で作業を引き継ぎながら24時間中断することなく設計開発を進めることが狙い。これを支援する体制として、[1]各拠点が持つCADやCAEなどのツールを共有化してどこの拠点からでも使えるようにする、〔2]設計開発に関するプロセスを全世界で統一する、といった施策に取り組んでいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する