PR
今回の製品の一部と製品利用イメージ Microchipのデータ。
今回の製品の一部と製品利用イメージ Microchipのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microchip社は2013年6月5日に、32ビットのユニークIDを提供するEEPROMを発表した(ニュース・リリース)。32ビットのユニークIDとして使えるシリアル番号はあらかじめプログラムしてある。

 容量が2Kビットの4製品、「24AA02UID」、「24AA025UID」、「11AA02UID」、「25AA02UID」と256Kビットの1製品「24AA256UID」がある。2Kビットの4製品はいずれもシリアルEEPROMで、I2CやSPI、Microwireといった標準的なインタフェースをサポートする。最大1.5Kビットの容量を一般的なEEPROMとして使える。なおユニークIDはアプリケーションの必要に応じて48/64/96/128ビットや、その他の長さにすることができる。

 256Kビットの製品は、32ビットのシリアル番号に加えて、IEEE EUI-48およびIEEE EUI-64に準拠したMACアドレスを、書きこみ保護エリアに保持している。インタフェースはI2Cで、ユーザーは最大224Kビットの容量を使える。

 今回、Microchipは、EUI-64準拠のMACアドレスをあらかじめプログラムしてあるEEPROM4製品、「24AA02E64」、「24AA025E64」、「11AA02E64」、「25AA02E64」も発表した。いずれも2Kビットの容量で、最大1.5Kビット分を構成データあるいはスクラッチ・パッド領域として利用できる。インタフェースはI2C、SPI及びUNI/Oバスをサポートする。

 24AA02UIDと24AA025UIDは、5/6ピンSOT-23、8ピンSOIC/PDIPパッケージ封止で、1万個発注時の価格は1個あたり0.16米ドル。24AA256UIDは8ピンのSOIC/TSSOP/PDIPパッケージ封止で、1万個発注時の価格は1個あたり0.64米ドル。これらのチップはサンプル出荷を開始しており、量産開始は2013年8月を予定している。

 以下のチップは、いずれもサンプル出荷と量産を開始ずみである。25AA02UIDは8ピンSOIC及び6ピンSOT-23パッケージ封止で、1万個発注時の価格は1個あたり0.28米ドル。11AA02UIDは3ピンSOT-23及び8ピンSOICパッケージ封止で、1万個発注時の価格は1個あたり0.23米ドルである。

 24AA02E64と24AA025E64は8ピンSOICおよび5/6ピンSOT-23パッケージ封止で、1万個発注時の価格は1個あたり0.17米ドル。25AA02E64は8ピンSOIC及び6ピンSOT-23パッケージで提供され、1万個発注時の価格は1個あたり0.29米ドル。11AA02E64は8ピンSOIC及び3ピンSOT-23パッケージ封止で、1万個発注時の価格は1個あたり0.25米ドルである。