PR
新製品のイメージ Microchipのデータ。
新製品のイメージ Microchipのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]
機能ブロック図 Microchipのデータ。
機能ブロック図 Microchipのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microchip Technology社は2013年6月17日(現地時間)に、MIPS32 M4Kベースの32ビット・マイクロコントローラ「PIC32MX3/4」シリーズにSRAM容量が大きな新製品を追加した(ニュース・リリース)。フラッシュ・メモリ容量が64KバイトでSRAM容量が16Kバイトの製品、同256Kバイト/64Kバイト、同512Kバイト/128Kバイトの新製品が加わった。

 新製品には既存のPIC32MX3/4と同様に、80MHz駆動で105 DMIPSのプロセサ・コアや28チャネル(入力)の10ビットA-D変換器、5つのUARTS、シリアル通信ポート、グラフィカル・ディスプレイ制御、容量式タッチ・センサー制御、デジタル・オーディオ機能などを搭載する。

 開発ツール類は、既存のMPLAB X IDEやMPLAB XC32 C/C++コンパイラ、あるいは同社のGraphics Display Designer Xなどがそのまま利用できる。評価キットとして、同社のPIC32 UBS Starter Kit IIIが59.99米ドルで、Exploler 16 development system向けのPIC32MX450 100pin USB PIMが25米ドルで提供される。

 パッケージは、大きさが9mm×9mm×0.9mmの64ピンQFN、10mm×10mm×1mmの64ピンTQFP、12mm×12mm×1mmと14mm×14mm×1mmの100ピンTQFP、および9mm×9mm×0.9mmの124ピンVTLAを用意する。

 PIC32MX330F064X、PIC32MX350F128X、PIC32MX450F128X、PIC32MX350F256X、およびPIC32MX450F256Xは出荷が可能である。PIC32MX430F064Xは2013年7月に、PIC32MX370F512XとPIC32MX470F512Xは2013年9月に出荷開始の予定。価格は1万個購入時に1個あたり2.50米ドルからとなっている。