PR

 「マグネシウムを使えば砂漠地帯に豊富かつ安定的に降り注ぐ太陽エネルギを利用できる」---東北大学未来科学技術共同研究センター教授の小濱泰昭氏は、マグネシウム(Mg)燃料電池による新しい太陽エネルギ活用の姿を提唱し、実用化に向けた開発を進めている。2013年7月2日に東京で開催された「第43回 信頼性・保全性シンポジウム」(主催:日本科学技術連盟)の特別講演でその構想について語った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!