PR
機能ブロック図 左がADIS16000で、右がADIS16229。Analog Devicesのデータ。
機能ブロック図 左がADIS16000で、右がADIS16229。Analog Devicesのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Analog Devices, Inc.は、産業機器の振動状態をリモートでモニターすることを狙ったモジュール(ボード)・セットを発売した(ニュース・リリース)。モニター対象機器に取り付ける無線機能付き加速度センサー・モジュール(ボード)と、それらを取りまとめる無線機能付きゲートウエイ・モジュール(ボード)からなる。

 加速度センサー・モジュールの製品番号は「ADIS16229」で、MEMS振動センサーとRFトランシーバ、及び周波数軸もしくは時間軸での信号処理機能を備える。±18gの加速度を2軸でサンプリングできる(サンプル速度は20kサンプル/秒)。リアルタイムで512点のFFTを行なうことで、振動の強度あるいは特定の振動周波数を検知して通知する。Wake-upキャプチャの動作や取得の周期などをプログラムできる。電源電圧は3V~3.5Vである。

 一方ゲートウェイ・モジュールの製品番号は「ADIS16000」で、最大6個のADIS16229を管理できる。ホストとのインタフェースとしてSPIを用意する。ADIS16229とADIS16000間の無線通信には862MHz~928MHzを使う。通信プロトコルはAnalog Devices独自のものである。

 すでにどちらの製品も量産を開始しており、共に大きさが47.0mm×37.6mm×22.6mmのプリント基板で、SMAアンテナ・インタフェースを備える。動作温度範囲は-40℃~+85℃。1000個購入時の単価はADIS16229が189米ドルで、ADIS16000が139米ドルである。