PR
CY7C6521xファミリの機能ブロック図 Cypressのデータ。
CY7C6521xファミリの機能ブロック図 Cypressのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]
3製品の主な仕様 Cypressのデータ。
3製品の主な仕様 Cypressのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Cypress Semiconductor社は2013年7月16日(現地時間)に、USB-シリアルバス・ブリッジ・コントローラ「CY7C6521xファミリ」を発表した(ニュース・リリース)。3製品からなり、2製品は静電容量式タッチセンサー・コントローラ「CapSense」を内蔵している。

 3製品ともCPUは英ARM社のプロセサ・コア「Cortex-M0」(最大動作周波数は48MHz)で、「USB-IF Battery Charging specification ver. 1.2」に準拠した充電検知機能を備える。さらに3製品のうち2製品、すなわち「CY7C65211」と「CY7C65215」は、CapSenseを内蔵し、最大8つまでのCapSenseボタンに対応する。前者のCY7C65211はUART/SPI/I2Cのいずれかとして使えるプログラマブルなシリアル・チャネル・ブロックを1つ、後者のCY7C65215は同ブロックを2つ内蔵する。

 残りの1製品の「CY7C65213」は、UARTのシリアル・チャネル・ブロックを1つ内蔵している。CapSenseは内蔵しない。このCY7C65213は低消費電力が特徴で、待機電流を5μAに抑えたとする。今回の3製品は、医療機器や産業機器、POS端末、USB-UART/USB-RS232ケーブル、ゲーム・システム、試験/測定装置などに向ける。

 CypressはWindows、Mac OS、Android及びLinuxの各OS向けドライバを提供する。さらに、Windows向けに複数のシリアル・インタフェースや機能を選択するための、「システム・コンフィグレーション・ユーティリティ」を用意している。このユーティリティを使うと、メーカーおよび製品IDやGPIO構成などの各種パラメータをUSBインタフェース経由で変更できる。

 CY7C6521xファミリの各製品は出荷中である。CY7C65211は24ピンQFNパッケージ、CY7C65213とCY7C65215は32ピンQFNパッケージに封止している。価格は発表されていない。