PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダは2013年8月4日に、米国で新型「NSX」試作車両のデモンストレーション走行を実施した。当日開催されたインディカー・シリーズ第14戦「ホンダ・インディ200・アット・ミッドオハイオ」の決勝日に合わせたもの。

 新型NSXは2015年に北米で発売し、その後全世界で発売する予定。オハイオ州のメアリズビル四輪車工場の隣に建設予定の工場「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で生産する。

 ホンダはハイブリッド技術の刷新を進めており、すでに2モータ式の新システムを新型「アコード」に搭載して発売した。今後、9月にDCT(Dual Clutch Transmission)にモータを組み合わせたシステムを新型「フィット」に採用して発売する。一方、新型NSXは、3種類目のシステムである「SPORT HYBRID SH-AWD(Super Handling - All Wheel Drive)」を採用する。このシステムでは、次世代のV型6気筒直噴エンジンに、モータを内蔵したDCTを組み合わせて後輪を駆動し、左右の前輪を独立した二つのモータで駆動する。