PR
図1 カローラフィールダーの外観
図1 カローラフィールダーの外観
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタ自動車は2013年8月6日、小型セダンとワゴンの「カローラ」シリーズにハイブリッド車(HEV)モデルを追加した(図1)。小型HEV「アクア」のハイブリッドシステムを流用し、2012年5月にガソリン車のモデルを発売して以来わずか1年3カ月でHEVの発売にこぎ着けた。JC08モード燃費は33km/Lに達する。ガソリン車と同様にトヨタ自動車東日本の宮城大衡工場で生産する。

 セダンの「カローラアクシオ」と、ワゴンの「カローラフィールダー」があるのはガソリン車と同じ。今回のHEVモデルは、ガソリン車モデルを発売した直後に追加することが決まった。「想定以上にHEVを求める顧客が多かった」(トヨタ)ためである。

 もともと一部改良の時期などに合わせてHEVモデルを追加できるように車体を設計していたが、想定していた投入時期を早めた形だ。ガソリン車を発売して数カ月後にはHEVの仕様を固め、2012年10月には図面を作成。翌2013年の初めには性能や品質の評価を始めるといった短い開発スケジュールだったという。開発期間が短いので、ハイブリッドシステムはアクアのものから「最小限の変更にする」(トヨタ)ことを重視した。

 アクアと同様にガソリンエンジンの排気量は1.5Lで、最高出力54kW、最大トルク111N・m。モータの最高出力45kW、最大トルク169N・m。カローラアクシオの車両重量は1140kgとアクアに比べて約60kg重い上に空気抵抗が大きく、燃費性能はアクアの35.4km/Lに及ばない。それでも33km/Lと高い性能を達成するために、アクアに採用したタイヤと比べて転がり抵抗係数が約5%小さいタイヤを採用するなど工夫した。タイヤを供給するのはブリヂストンと東洋ゴム工業である。

 Ni-MH(ニッケル水素)2次電池と燃料タンクをともに後席の下に配置するなどして、ガソリン車と同じ荷室容量を実現した。カローラアクシオの荷室容量は461Lで、ゴルフバッグを4個積める。同フィールダーは407L、2人乗車として後席を倒すと872Lになる。

 HEVの販売目標台数はカローラアクシオが月1000台、同フィールダーが同1500台。なおガソリン車の目標販売台数は2モデル合わせて月7000台である。販売価格はアクシオが192万5000円から、フィールダーが208万5000円から。