PR
扱いを始めたマイコン「TP80C51FA」 Rochester Electronicsのデータ。
扱いを始めたマイコン「TP80C51FA」 Rochester Electronicsのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Rochester Electronics社は2013年8月6日(現地時間)に、米Intel社が既に販売を終了した8ビット・マイコン「TP80C51FA」を継続提供することになったと発表した(ニュース・リリース:PDF)。Intelは8年前にこのマイコンのEOL(End of Life)を通知していた。

 TP80C51FAは「MCS51コントローラ・ファミリー」の製品で、CHMOS III技術で生産され、40ピンDIPパッケージに封止されている。今回Rochester ElectronicsはIntelから認可を受けて、Rochester Electronicsの「Extension-of-Life」ソリューションの一環として、同製品の供給を行なう。

 同社はこうした古い半導体製品をメーカーの生産期間を超えて長く供給するソリューションに特化したベンダーである。既に「MD80C51FB」や「N80C51GB」といった80C51ベースのマイコンを供給しているが、今回はこれに加えてTP80C51FAの供給も開始した形である。同製品は既に、出荷可能な状態となっている。