PR
図1 外観
図1 外観
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイハツ工業は2013年8月19日、軽自動車「ミラ イース」を一部改良し、発売したと発表した。JC08モード燃費を従来の30km/Lから33.4km/Lに高めたのが特徴。この値は、ハイブリッド車を除くガソリン車の中で「トップ」(同社)とする。加えて安全装備を充実させた。販売価格は74万5000円からで、最低価格は従来より5万円安い。

 燃費性能を高めるため、パワートレーンではEGR(排ガス再循環)クーラを採用し、再循環させる排出ガスの温度を下げた。従来のEGRシステムに比べて吸気温度を低くでき、ノッキングを抑えられる。吸気温度の低下に合わせて、点火タイミングを最適化したことでガソリンの噴射量を少なくした。また摩擦の低いチェーンを採用したことや、CVT(無段変速機)の制御を見直してハイギア化したことも燃費向上に寄与した。

 車体構造では、空力性能を高めるためにフロントバンパに「エアロコーナー」と呼ぶ外観やフロアアンダーカバーなどを採用した。さらにアイドリングストップ機構「eco IDLE」を改良し、停車する前の車速約11km/hからエンジンを停められるようにした。

 安全装備では、低速域での衝突回避支援ブレーキ機能、誤発進抑制機能、先行車が発進したことを知らせる機能、横滑り防止装置を採用した。また「エマージェンシーストップシグナル」と呼ぶ、車速60km/h以上で走行中に強くブレーキペダルを踏んだ場合、ブレーキランプの点灯と同時にハザードランプを自動で点滅させて後続車に注意を促す機能を全車に搭載した。