PR
2ポートのUSB3.0ハブ・コントローラIC「μPD720211」 ルネサスのデータ。
2ポートのUSB3.0ハブ・コントローラIC「μPD720211」 ルネサスのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ルネサス エレクトロニクスは、2ポートを備えたUSB3.0対応ハブ・コントローラIC「μPD720211」を発表した(ニュース・リリース)。2013年10月にサンプル出荷を開始する。

 同社は、1年前に4ポートのUSB3.0対応ハブ・コントローラIC「μPD720210」を発表している(Tech-On!関連記事1)。同ICはUSB3.0ハブ・コントローラICとしては、USB-IFからの認証を「世界で初めて」(同社)取得した(同2)。このμPD720210は9mm×9mmのQFNパッケージに封止していたが、今回発表の2ポート品であるμPD720211は一回り小さい8mm×8mmのQFNパッケージに封止した。

 新製品は3.3V単一電源で動作する。3.3V→1.05V変換用のレギュレータ内蔵している。また、4ポート品と同様に、USBバッテリーチャージ規格1.2に対応した高速充電サポート機能などの部品を内蔵する。これにより、必要周辺部品を含めた総実装面積においても業界最小クラスを実現したとする。

 省電力モード時の消費電力は約5mW、USB3.0動作時は約350mWと、「業界最小クラスの低消費電力動作を実現できる」(同社)という。250円/個のサンプル価格で、2013年10月にサンプル出荷を始める。2014年2月から量産を開始し、2014年4月より月産100万個の生産を計画している。