PR
さいたま市の太陽光発電設備・蓄電池設置事業の概要
さいたま市の太陽光発電設備・蓄電池設置事業の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニービジネスソリューションは、小中高校への太陽光発電システムと蓄電システムの設置に関して、埼玉県さいたま市との間で仮契約を締結したと2013年9月11日に発表した。2013年度から2015年度にかけて、さいたま市内の152校に同システムを設置する予定。なお、さいたま市の議会承認を経て、正式契約になる。

 設置するのは、最大出力250Wのトワダソーラー(本社:秋田県鹿角市)製の太陽電池モジュールと、正極にリン酸鉄リチウムを用いたソニー製のLiイオン2次電池などを組み合わせたシステムである。1校当たり、太陽電池を21kW、蓄電池を15.6kWh設置する。

 平常時には、発電した電力を学校の施設で利用したり蓄電したりしながら、余剰電力を売電する。災害時には、蓄電した電力をパソコンや照明に供給したり、携帯電話を充電したりする用途に用いる。なお、導入するシステムは災害による停電時に、蓄電池の電力を利用して、太陽光発電システムの運転を自動で再稼働する機能などを備えている。