PR

 デンソーは、車載半導体回路の設計開発体制を強化するため、2014年7月に、新たに東京都内に設計開発拠点を設置する(ニュース・リリース)。設置の理由は、車両に搭載される環境・安全関連技術の多くには半導体が使用されていて、今後もさらに増加していくことが見込まれるためだという。

 同社によれば、カー・エレクトロニクスの進展を見据えて、1968年にIC研究室を設置した。以来、40年以上にわたって車載用半導体を開発、設計、生産してきた、今後、開発体制の強化に向け、愛知県内にある既存の本社、幸田製作所、基礎研究所に次いで、新たに東京に拠点を設置し、環境・安全分野における最先端の車載用半導体回路の設計開発を行う。

 新拠点は、デンソー本社の一部門と位置づけ、関連研究機関、技術者の多い関東圏を中心に新たに社員を採用していく予定である。開設から1年後に当たる2015年7月時点の従業員数は約30人の見込みという。それを2020年度には約100人に引き上げる計画である。