PR
新製品の位置づけを説明する小林泰子氏 Tech-On!が撮影。スクリーンはIBMのスライド。
新製品の位置づけを説明する小林泰子氏 Tech-On!が撮影。スクリーンはIBMのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 米IBM社は、データセンター向けの高密度サーバー「IBM NeXtScale(ネクストスケール) System」を発表した(日本語ニュース・リリース1)。x86サーバー「IBM System x」シリーズの新製品である。

 日本IBMは2013年9月11日に都内の本社で報道機関向け説明会を開催し、新製品の狙いなどを語った。登壇した日本IBMの小林泰子氏(システムx事業部 事業部長 理事)によれば、IBM PureSystemsと並んで、NeXtScale Systemは、IBMのx86サーバーの中核製品だという。PureSystemsは一般企業(エンタープライズ)向けで、ハードウエアとソフトウエアを統合して提供するなど、IBMの知見を詰め込んだ製品。

 それに対して、NeXtScale Systemは、IBMらしさを抑えて、データセンターが自らの裁量で最適化しやすく、かつ低コストを追求した製品だとした。まず、6Uサイズのシャーシ「IBM NeXtScale n1200 エンクロージャー」、サーバー本体に当たるコンピュート・ノードの「IBM NeXtScale nx360 M4」、拡張用のオプション2製品を発表した。

 6Uのシャーシは19インチ標準ラックに搭載可能で、背面側に6個の電源ユニットと10個のファンを備えた。既存製品向けの電源ユニットやファンを使うことで、コストを抑えたという。

 コンピュート・ノードには、米Intel社が2013年9月10日に発表したMPU「Xeon プロセッサー E5-2600 v2 ファミリー」(開発コード名:Ivy Bridge-EP)を2個、DRAMモジュール、HDD(またはSSD)などを搭載する。x16とx24のPCI Express 3.0のスロットを1つずつ備える。コンピュート・ノードは1Uの半分の幅で、6Uシャーシにコンピュート・ノードだけを挿すと、合計で12ノード構成になる。

 オプション製品のノードは、ストレージ(HDD/SSD)向けおよびPCI Express拡張ボード向けで、どちらも大きさはコンピュート・ノードと同じ。コンピュート・ノードの上におくタイプである。PCI Express拡張ボード向けのオプション・ノードには、米NVIDIA社のGPUや米Intel社のコプロセサ(Xeon Phi)などを収めることを想定している。

 6Uシャーシにコンピュート・ノードが1つ収まった最小構成価格は126万円(税別)である。出荷開始は2013年10月28日を予定する。