PR
講演する米HDMI Licensing社 PresidentのSteve Venuti氏
講演する米HDMI Licensing社 PresidentのSteve Venuti氏
[画像のクリックで拡大表示]
HDMI対応製品の台数予測
HDMI対応製品の台数予測
[画像のクリックで拡大表示]
HDMI採用企業のシェア
HDMI採用企業のシェア
[画像のクリックで拡大表示]
テクトロニクスが展示したHDMI対応のオシロスコープ(左)と信号発生器(右)
テクトロニクスが展示したHDMI対応のオシロスコープ(左)と信号発生器(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 機器間インタフェースHDMIの普及促進などを行う米HDMI Licensing社は、2013年9月12日に開催されたテクトロニクスのプライベート・セミナー内で、同年9月4日に仕様を策定したHDMIの最新仕様2.0の概要とHDMIの採用状況について紹介した。HDMI 2.0は、HDMI 1.4が登場してから約4年ぶりの大幅な仕様更新とあって、多くの来場者が詰めかけた。

 HDMI 2.0の最大の特徴はケーブル1本当たりのデータ伝送速度を従来の10.2Gビット/秒から18Gビット/秒にまで拡大したこと。HDMIのデータ・レーン数は3。つまり、1レーン当たり6Gビット/秒になる。データ伝送速度を高めたことにより、4096×2160画 素、50/60フレーム/秒の映像データを非圧縮で伝送できる。これまでは、4096×2160画 素の24/30フレーム/秒だった。

 この他、HDMI 2.0の従来仕様との違いとして、HDMI Licensing社は以下の7点を挙げた。第1に、同一のディスプレイ上に2種類の映像を表示し、それぞれ異なるユーザーが視聴できるようになる「デュアル表示」に対応した。これは、3次元(3D)の立体映像を表示する際、左目用と右目用の異なる二つの映像を表示し、専用の眼鏡を掛けて立体視を可能にしている技術を応用したという。3D映像と同じように、デュアル表示では、眼鏡を掛けた二人のユーザーにそれぞれ異なる映像を見せる。

 第2に、ユーザーに対する音声のマルチ配信機能を採用した。最大4名のユーザーに、それぞれ異なる音声を提供する。例えば、二人のユーザーが同じディスプレイで映画を見ながら、一方のユーザーは音声を日本語で、もう一方のユーザーは英語で聞くことができる。デュアル表示と組み合わせれば、二人のユーザーが同じディスプレイを利用しながら、それぞれが異なる映像と音声を視聴可能になる。

 第3に、対応する音声チャネル数が増えた。従来は8チャネルだったが、HDMI 2.0からは32チャネルになった。第4に、音声のサンプリング周波数が1536kHzと、従来の約2倍になった。第5に、縦横比が21対9の映像信号に対応できるようになった。第6に、CEC機能を拡張した。第7に、リップシンク機能を向上させた。

 講演では、HDMIの普及状況にも触れた。2013年の1年間で出荷されるHDMI対応製品は、7億6000万台を超えると見込む。HDMI製品を手掛ける「アダプター企業」は、現時点で1331社に達するとした。HDMI採用企業の地域シェアを見てみると、最も多いのが中国で全体の34%を占める。それに続くのが、台湾の19%、北米の18%になる。日本は10%である。