PR
今回の製品の主な仕様 東芝のデータ。
今回の製品の主な仕様 東芝のデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は、英ARM社のCortex-M3プロセサ・コアを搭載したマイコン「TX03シリーズ」に、5V単一電源で動作し144ピンLQFP封止の「TMPM384FDFG」を追加した(ニュース・リリース)。家電製品のモーター制御、IH制御などに向ける。

 CPUのCortex-M3の動作周波数は最大40MHz。512Kバイトのフラッシュ・メモリと32KバイトSRAM、22チャネル(入力)の12ビット逐次比較型A-D変換器を内蔵する。16ビットの多目的タイマーを4チャネル備えている。4チャネルのうち2チャネルは3つの動作モード(タイマー・モード、IGBTモード、PMDモード)、残り2チャネルは2つの動作モード(タイマー・モード、IGBTモード)で使える。動作温度範囲は-40~+85℃。

 サンプル価格は700円/個(税込)。量産開始時期は2013年11月で、量産予定数量は月産50万個である。