PR

2度の延期を経て2013年9月14日に打ち上げが再設定された小型固形燃料ロケット「イプシロンロケット」試験機。そのイプシロンロケット試験機が、同日14時についに空へと飛び立った(図1~7)。当初は13時45分の打ち上げを予定していたが、警戒区域に船舶が侵入したことにより、打ち上げは15分先延ばしされた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料