PR
東芝のSiCショットキ・バリア・ダイオード製品一覧(開発中を含む) 赤丸が今回の製品。同社のデータ。
東芝のSiCショットキ・バリア・ダイオード製品一覧(開発中を含む) 赤丸が今回の製品。同社のデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は、SiCのショットキ・バリア・ダイオードの新製品として、耐圧/ピーク繰り返し逆電圧が650Vで、順電流が10Aの「TRS10E65C」を発表した(ニュース・リリース)。2013年9月19日から量産出荷を始めた。

 新製品はサーバー用電源や太陽光発電用パワーコンディショナーなどに適した製品だという。従来のSiのダイオードに比べ電源用途での素子の損失を50%以上低減できるとする(同社比較)。東芝はすでに順電流が6A、8A、12Aの製品を発売しており、今回10Aの新製品を新たに追加して、ラインアップを拡充した。

 既存の6A、8A、12A、今回の10A品はいずれもTO-220パッケージ封止である。東芝では、D2PAKやTO-220FP、TO-247封止品の開発を進めているという。