PR
過酷な環境での動作に向けたLDOレギュレータIC
過酷な環境での動作に向けたLDOレギュレータIC
[画像のクリックで拡大表示]

 米Texas Instruments(TI)社は、過酷な環境での動作に向けたLDOレギュレータIC「TPS7H1101-SP/TPS7H1201-HT」を発売した(ニュースリリース)。電流シェアリング機能を搭載した。つまり、2つのICを並列接続することで2倍の出力電流が得られるようになる。TPS7H1101-SPの最大出力電流は3A。従って、電流シェアリング機能を使えば最大6Aが得られる。TPS7H1201-HTの最大出力電流は0.5Aのため、電流シェアリング機能を使うことで出力電流は最大1Aになる。最大動作温度はTPS7H1101-SPが+125℃、TPS7H1201-HTが+210℃である。TPS7H1101-SPの主な用途は、高信頼性の医療用電子機器や衛星用電子機器、海底ケーブル敷設用電子機器など。TPS7H1201-HTは地中掘削用電子機器などを想定している。

 2製品とも、入力電圧範囲は+1.5~7.0V。出力電圧(Vout)は外付け抵抗を使ってユーザーが設定できる。TPS7H1101-SPの出力電圧誤差は、全動作温度範囲、全入力電圧変動範囲、全負荷変動範囲において±2.0%。TPS7H1201-HTは同じ条件で±4.2%。ドロップアウト電圧(入出力電圧差)は、TPS7H1101-SPが335mV(3A出力、+125℃動作時の最大値)、TPS7H1201-HTが100mV(0.5A出力、+210℃動作時の最大値)。出力電圧雑音は、TPS7H1101-SPが(27×Vout)μVrms、TPS7H1201-HTが(17×Vout)μVrms。電源電圧変動除去比は、2製品とも45dB(1kHzにおける値)である。

 全許容線量(TID)は100krad(Si)。シングル・イベント・ラッチアップ(SEL)と、シングル・イベント・バーンアウト(SEB)、シングル・イベント・ゲート・ラプチャ(SEGR)に対する耐性は85Mev/cm2である。16端子のセラミック・プラットパック・パッケージに封止した。価格は明らかにしていない。