PR

 図研は、小規模な企業・部門向けの電気設計支援システム「DS-2 Expresso」を2013年10月に発売する(ニュースリリース)。同社の電気設計向けPLMツール「DS-2」から、よく使われる定番の機能を抽出した上で、ユーザーによる設定の簡素化などによって導入しやすくした。情報システム部門がない企業や、情報システムの管理・運営のリソースが十分ではない企業でも導入できるとする。価格は最小ライセンス構成で850万円から。

 製品ライフサイクルが長い産業機器などでは、電子部品の供給終了による設計変更やカスタマイズ対応、メンテナンス対応などのために、設計情報を管理する必要がある。しかし、小規模な企業や部門で電気設計している場合は、大掛かりな設計支援システムを導入するのが難しい。DS-2 Expressoは、そうした組織での利用を想定したもの。機能のテンプレート化などにより最短2.5カ月で導入できるという。