PR
新たな品質評価規格の範囲
新たな品質評価規格の範囲
[画像のクリックで拡大表示]
繰り返し風圧試験
繰り返し風圧試験
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープは、太陽電池モジュールの新たな品質評価規格を策定したことを、2013年9月25日に発表した。同社が今後発売する結晶Si型太陽電池モジュールの新製品から運用を開始する。

 これまでシャープは、国際的な品質評価基準であるIEC規格に、独自の品質評価規格を加えて、太陽電池モジュールの長期信頼性を検証してきた。例えば、「結露凍結試験」ではIEC規格に比べて繰り返し数を約10倍にしたり、「高温高湿試験」ではIEC規格に比べて時間を数倍に延長したりしていた。さらに、独自の「繰り返し風圧試験」や「端子強度試験」、「生産工程監査」などを加えていた。

 今回、国際的な第三者認証機関であるドイツVDE Testing and Certification Instituteが定めるVDE独自規格を取り入れて、シャープの品質評価規格を改定した。例えば、繰り返し風圧試験と端子強度試験では、それぞれの負荷の強さなどについて、VDE独自規格の基準を取り込んだ。生産工程監査でも、VDE独自規格を基に、検査回数や抜き取り試験を変更した。

 なおVDE独自規格は、ドイツの研究機関であるFraunhofer ISEが、ドイツの太陽電池産業界と共同で策定した太陽電池モジュールに対する長期信頼性試験プログラムである。