PR
2012年のパワー半導体売上高ランキング(出典:IHS iSuppli)
2012年のパワー半導体売上高ランキング(出典:IHS iSuppli)
[画像のクリックで拡大表示]

 市場調査会社の米IHS iSuppli社によると、パワー半導体(ディスクリート/モジュールの2012年の世界売上高は前年比15.8%減の149億9000万米ドルだった(発表資料)。民生機器の需要が停滞したこと、価格が下がったことなどによるという。特にモジュールは27%減と、ディスクリートの12%減に比べて大きな落ち込みとなった。

 メーカー別にみると、売上高の首位はドイツInfineon Technologies社が維持した。市場シェアは前年の12.0%からほぼ横バイの11.8%を確保し、2位の東芝に4.7ポイントの差をつけた。IGBT分野で首位を保つとともに、MOSFET分野でシェアを伸ばしたという。東芝はシェアを0.6ポイント拡大して7.1%とし、前年2位の三菱電機を抜いた。10位の米ON Semiconductor社は三洋半導体の買収効果により、シェアを1.1ポイント拡大した。