PR
主な2次電池との比較(資料:住友電工)
主な2次電池との比較(資料:住友電工)
[画像のクリックで拡大表示]

 住友電気工業は、室温で動作する溶融塩電解液電池を開発した(発表資料)。溶融塩電解液電池は、電解液に溶融塩(イオン液体とも呼ばれる)のみを使った2次電池。資源量が豊富で、比較的高いエネルギー密度が期待できるナトリウム酸化物を正極活物質に、難燃性の溶融塩を電解液に用いている。

 住友電工は2011年に、京都大学エネルギー科学研究科の萩原研究室と共同で、57℃という低融点の溶融塩(NaFSAとKFSAの混合物)を開発。高エネルギー密度で、他の2次電池と比べて動作温度領域が57℃~190℃と広い溶融塩電解液電池を開発した。以来、2015年の製品化に向けて、信頼性・安全性の評価、生産技術の開発を進めるとともに、京大と共同で、より低温で動作可能な溶融塩の探索や電池の改良に取り組んできた。

 今回開発した溶融塩電解液電池では、融点がこれまでの開発品より低温であることが特徴。電解液に適した溶融塩(NaFSAとC1C3pyrFSAの化合物)を採用した結果、20℃~90℃と室温を含む温度領域で動作が可能になった。高温にも対応するため、排熱のためのスペースが不要で、組電池とした場合の小型化が可能という。

 また、充放電を繰り返した際の劣化が小さいとうたう。採用した溶融塩が化学的に非常に安定であり、電池の動作電圧の範囲で分解反応が起こらないため、満充電、完全放電を繰り返すような過酷な条件下で使用した場合でも、優れたサイクル寿命特性を示すとしている。

 満充電付近の一定電圧が加えられ続けるフロート充電の状態で2次電池を長時間使用した場合、電池容量が低下するが、今回開発した電池は、一般的なLiイオン2次電池と比べて、フロート充電における使用時も長寿命という。また、充電状態で保管した場合、一般的な電池では自己放電により容量が徐々に低下するが、開発した電池はほとんど自己放電しないとする。

 なお、住友電工は、2013年10月7日から開催の第54回電池討論会で、この電池の開発成果を報告する予定。