PR

 古河電工は、Liイオン電池の充放電サイクル中に黒鉛およびシリコン系電極の厚みを定量的にその場で測定する手法を確立した。この手法を適用することで、充放電に伴う電極厚み変化や集電体の変形を的確に把握することが可能になる。

 Liイオン電池の高エネルギ密度化のため、集電体銅箔の薄肉化への要求が高まっている。銅箔を薄肉化することで体積当たりのさらなる高エネルギ密度化が可能になるからだ。銅箔の薄肉化に際しては、充放電中の活物質の膨張収縮による応力に耐え得る機械的特性が必要になるため、電極の膨張収縮の度合を充放電中に定量的に測定する技術が求められていた。

 古河電工では、活物質を含む電極の膨張収縮を高さ情報として充放電中に測定することで、複数サイクルを通じて充放電に伴う負極電極の厚み測定技術を確立した。体積変化の大きいシリコン系電極において、充放電サイクル数の早い段階で電極の膨張と銅箔変形による異常な厚み変化を測定し、解体後の電極観察で測定結果に矛盾しない電極状態を確認した。この手法を適用することで、電極厚み変化や集電体の変形と銅箔強度の関係を定量的に把握できるとする。