PR
図◎LED照明向けコネクタ
図◎LED照明向けコネクタ
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは、LED照明向けに作業性に優れる電線接続用コネクタ「L2」を開発、2013年10月3日に製品化したと発表した(ニュースリリース)。LED照明の電源接続部や、LEDモジュール基板間の接続に使う。作業に手間がかかる従来のはんだ付け作業の置き換えを狙う。

 新しいコネクタは、横に伸びた電線を上から押し込むだけで簡単に嵌(かん)合できて、かつ接続が完了するロック構造を採用した。加えて、ロックが完了したことを作業者が認識しやすいように、クリック感を付与している。成形には、微細金属プレス加工技術を使う。簡単に確実に電線を接続できるため、接続品質の向上にも貢献する。

 これに対して従来は、作業者によるはんだ付けで接続していた。人手に頼るため、温度や時間の管理が難しく、接続品質にバラつきが生じることがあったという。

 定格電流は3A以下で、定格電圧は250V以下。使用温度は-40~115℃。大きさは、長さ5.40×幅1.56×高さ1.35mm。サンプル価格は20円。