PR
世界および地域別の単月の半導体売上高(3カ月移動平均値)の推移(データ提供:SIAおよびWSTS,グラフ化:Tech-On!)。
世界および地域別の単月の半導体売上高(3カ月移動平均値)の推移(データ提供:SIAおよびWSTS,グラフ化:Tech-On!)。
[画像のクリックで拡大表示]
単月の半導体の世界売上高(3カ月移動平均値)と対前年同月比の推移 SIAとWSTSのデータ。
単月の半導体の世界売上高(3カ月移動平均値)と対前年同月比の推移 SIAとWSTSのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米SIA(Semiconductor Industry Association)の発表によると(ニュース・リリース)、2013年8月における半導体の世界売上高は258億7000万米ドルだった(3カ月の移動平均値、以下同)。前年同月の2012年8月に比べて、6.4%増加した。

 6.4%増という対前年同月比は、2011年3月に記録した8.6%増に次ぐ数字である(Tech-On!関連記事1)。一方、対前月比は1.3%増で(同2)、6カ月間連続して対前月比のプラスを維持した。2カ月連続して、4地域すべてで対前月比がプラスとなった。

 また2カ月連続して、日本は欧州よりも売上高が大きく、3位をキープした。さらに日本の売上高の対前月比の3.7%増は、4地域中で最も大きい。2位は米州の2.5%増、3位は欧州の2%増、最下位はアジア太平洋の0.3%増である。

 なお、地域別の売上高の絶対値では、アジア太平洋が圧倒的に大きい。ちなみに、アジア太平洋は全世界の57.1%を占める。2位は米州で19.9%、3位は日本で11.8%、4位は欧州で11.2%である。