PR
今回の新製品の主な仕様 ザインのデータ。
今回の新製品の主な仕様 ザインのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]
「中小型液晶パネル向けトータルソリューション」のイメージ ザインのデータ。
「中小型液晶パネル向けトータルソリューション」のイメージ ザインのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ザインエレクトロニクスは、電源制御用ICを5製品発売した(ニュース・リリース)。いずれも、車載機器やタブレット、産業用機器などで用いられる中小型液晶パネル向けのIC。

 5製品は、「THV6511」、「THV6520」、「THV6530」、「THV6531」、「THV6540」である。このうち、TVH6511とTHV6520は液晶パネルのソース・ドライバへの電圧を供給する。THV6530とTHV6531は、ソース・ドライバ及びゲート・ドライバに電圧を供給し、かつ液晶パネルの焼付けを防止する電圧反転動作に必要な最適な中間電圧(VCOM)を供給する。THV6540はソース・ドライバおよびゲート・ドライバに電圧を供給し、LEDドライバ機能を内蔵している。

 同社は、今回の製品を機に、「中小型液晶パネル向けトータルソリューション事業」を開始すると発表した。具体的には、LEDドライバIC、電源制御IC、表示制御IC(TCON:timing controller)という3種のICをまとめて提供する。これらのICは、高解像度液晶の表示制御用ボード(いわゆる、TCONボード)の主要部品であるという。

 3種のうち、LEDドライバICに関しては、今年(2013年)、5製品を発売している(Tech-On!関連記事1同2)。電源制御ICは今回、発売した。以前から提供している表示制御ICを合わせて、同社のいうトータルソリューションを顧客に提供する。