PR

 米Silego Technology社は、高速スイッチングながらオン抵抗を抑えた負荷スイッチICを2製品発売した(ホームページ)。最大出力電流が6Aの「SLG59M1470V」と、最大2Aの「SLG59M1460V」である。同社によると、「pチャネルMOSFETを使った現行の製品は、ターンオン時間と消費電力の点では問題がないが、電圧が+2.5V以下になるとオン抵抗が大きくなるという問題を抱えていた。今回の製品は、この問題を解決した」という。Cu配線技術の同社独自の微細FET技術を使うことで実現したとする。タブレット端末やスマートフォン、ノート・パソコンなどに向ける。

 SLG59M1470Vは、実装面積が1.5mm×2.0mmの9端子STDFNパッケージに封止した。対応する電圧は最小+1.0V。オン抵抗は7.4mΩ。SLG59M1460Vのパッケージは、実装面積が1.0mm×1.6mmの8端子STDFN。対応する電圧は最小+1.0V。オン抵抗は21.3mΩである。いずれも価格は明らかにしていない。