PR
今回の製品の機能ブロック図 Imaginationのデータ。
今回の製品の機能ブロック図 Imaginationのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]
6コア/クラスタの構成 Imaginationのデータ。
6コア/クラスタの構成 Imaginationのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 英Imagination Technologies社は新たな32ビット・プロセサ・コア「MIPS P5600」を2013年10月14日(現地時間)に発表した(ニュース・リリース)。同社が以前に概要を発表していた新世代のプロセサ・コア「MIPS Series 5」(Warriorシリーズ)の最初の製品で(Tech-On!関連記事)、「Warrior-Pシリーズ」に属する。

 MIPS P5600はハイエンドのタブレット/スマートフォン、デジタル・テレビ/STB、およびネットワーク機器(802.11acルーターや家庭用ゲートウエイ、ネットワーク・アプライアンスなど)向けSoCを狙う。5CoreMark/MHz、3.5DMIPS/MHz以上の性能を持つ32ビットのプロセサ・コアで、1GHz~2GHz以上の周波数での動作が可能だとする。同等性能を持つ競合製品と比較して、チップ面積は30%以上小さいと同社は説明している。

 既存のproAptivファミリのマイクロアーキテクチャを強化・拡張したプロセサ・コアである。例えば、128ビットのSIMDエンジン、ハードウエア・ベースの仮想化サポート、セキュリティ機能、32ビットを超える仮想アドレス空間をサポートするEVA(Enhanced Virtual Addressing)と、最大1Tバイト(40ビット)の物理アドレスをサポートするXPA(Extended Physical Addressing)を搭載した。最大6コア/クラスタのマルチコア化が可能である。

 P5600は2013年第4四半期中にライセンス提供を開始する予定である。