PR

 米Broadcom社は、業界最高水準の性能を持つ64ビットARMアーキテクチャのプロセサ・コアの開発を進めていると発表した(ニュース・リリース)。同社は英ARM社からARMv8-Aアーキテチャのライセンスを取得して、同コアを開発中である。

 4命令同時発行で4スレッドのスーパースカラー方式のプロセサ・コアで、オウト・オブ・オーダーでの命令実行が可能である。このコアは、NFV(network functions virtualization)を睨んだものだという。NFVは、汎用サーバー上の仮想化基盤上に様々なネットワーク機能をソフトウエアとして実装するもので、主に通信事業者が使うネットワーク装置のコスト削減や柔軟性/可用性の向上を狙う。NFV向けの汎用サーバーに使われるBroadcomのICの設計に開発中のコアは適用されるとみられる。

 適用されるICの仕様やその時期は明らかにされていないが、今回のコアは16nmのFinFETプロセスを前提に開発されており、3GHzの動作周波数で稼働するという。また、同コアを搭載したICは、Broadcomが現在提供中の通信向けプロセサIC「XLP IIファミリ」の上位製品に位置づけられるようだ。同ファミリのハイエンド製品「XLP980」(関連ニュース・リリース)などからの移行がスムーズに行えるようにするという。