PR
赤外線カメラモジュール「Pi NoIR(パイ ノイア)」
赤外線カメラモジュール「Pi NoIR(パイ ノイア)」
[画像のクリックで拡大表示]

 名刺サイズのパソコン(PC)「Raspberry Pi」向け赤外線カメラ・モジュールの販売を英RS Components社の日本法人アールエスコンポーネンツが2013年10月29日に始めた(関連記事1)。価格は2960円(税別)。約3000円で手に入る。500万画素のCMOSセンサを搭載する。

 暗視が必要な夜行性動物の行動監視カメラ、植物や土壌・水の健康状態を調べるInfragram(インフラグラム)カメラとしての応用のほか、天文学や太陽光パネルの検査などに応用できる。超常現象の研究にも応用可能とする。

 寸法は25mm×20mm×9mm。2592×1944画素の静止画と、1080pでH264形式による30フレーム/秒の動画を記録できる。2013年5月に発売した可視光撮影ができるカメラ・モジュールの技術を応用し開発した(関連記事2)。

 Raspberry Pi上のCSIソケットに接続したケーブル経由でI2C制御によってデータを送受信する。Raspberry Pi本体に加え、Raspberry Pi用の最新OSをインストールしたSDカードと電源が必要となる。