PR
AMBAシステム Synopsysのデータ。
AMBAシステム Synopsysのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Synopsys社は、英ARM社のオンチップ・インタコネクト「ARM AMBA 5 CHI(Coherent Hub Interface)」の検証IPの提供を開始した(日本語ニュース・リリース)。今回の製品は、同社の検証IP製品群「Discovery Verification IP(VIP)」の1つになる。

 ARM AMBA 5 CHIは、「AMBA4 ACE」の進化形で、2013年6月の50th Design Automation Conference(DAC 2013)で発表された(Tech-On!関連記事1)。レイヤ構成を採り、AMBA4 ACEよりも多数のコアに対応可能などの特徴がある。ARMによれば、ARMv8-Aアーキテクチャのプロセサ・コア「Cortex-A57」や「Coretx-A53」などがAMBA 5 CHIの狙いどころだという。

 DAC 2013の際には、Synopsysを含めて4社からARM AMBA 5 CHIの検証IPが提供される旨の予告があった。2013年10月29日~31日に米カリフォルニア州サンタクララで開催される「ARM TechCon Conference」に合わせて、今回の発表があった模様。なお、Discovery VIPは2012年2月に発表されたSynopsys社の新しい検証IP群で、すべてSystemVerilogで記述されている(Tech-On!関連記事2)。