PR
東芝の板倉氏
東芝の板倉氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「アナログ・グルとの集い」(主催:日経エレクトロニクス)と題したアナログ技術関連の講演会が2013年10月30日に開催された。東芝の研究開発センターで技監を務める板倉哲朗氏は、「進化するアナログ技術、新たな巨大市場開拓へ」というタイトルの講演の中で、今後アナログ技術の開発に求められるポイントなどを語った。
 
 同氏が挙げたポイントは3つある。1つは、集積化に最適なシステム検討し、選定することである。2つめは、徹底した低消費電力化を進めること。3つめは低コスト化で、チップ面積の低減と外付け部品の削減を進めることである。

 さらに同氏は、アナログ回路設計においてデジタル技術を活用することの重要性を強調した。「製造プロセスの微細化が進み、1枚のSoCの中に搭載できる回路規模は増大の一途をたどっている。しかし、実際のところ、デジタル・ロジック回路の占める割合は小さくなる傾向にある。従って、何が何でもアナログ回路で実現するのではなく、アナログ回路にデジタル技術を活用することで、性能の向上などを目指すべきだ」(同氏)。具体例としては、デジタル・アシスト技術を挙げた。デジタル領域で、アナログ回路の誤差や歪みを補正することで、アナログ特性の向上を図るわけだ。