PR

 米GT Advanced Technologies社は、米Apple社に独占的にサファイア部品を供給する複数年契約を結んだと発表した(プレスリリース)。GT社はApple社のアリゾナ工場に、サファイア部品を製造するための炉や装置を所有し、稼働させる。GT社は700人以上の従業員を雇用する計画。Apple社はGT社に約5億7800万米ドルを提供し、GT社は2015年から5年で償還する予定である。

 サファイアは、Apple社がスマートフォンの表面カバーに採用するのではないかと、たびたび話題になっていた材料である。特徴は、現在の化学強化ガラスよりも、耐久性や光透過率が優れていることだ。ただし、コストが課題になっている。GT社は、「ASF」と呼ぶ独自の大容量の炉を用いた大量生産のための技術開発を加速させて、低コスト化を実現するとしている。