PR

 半導体設計ベンチャーでディスプレイ・コントローラICを手掛けるセレブレクスが、独自に開発した1レーン当たり2Gビット/秒の高速伝送インタフェース技術「Cool Pepper」を、パナソニックとラピスセミコンダクタにライセンス供与する。このインタフェース技術の狙いは、フルHD以上の高精細ディスプレイを搭載したタブレット端末などの携帯機器。機器の中のディスプレイ・コントローラICとソース・ドライバICの間の情報伝送に適用する。パナソニックとラピスセミコンダクタは、ソース・ドライバICの国内大手メーカーである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
トヨタの燃料電池車を徹底分解、見えた電動化の課題とは
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中