PR

 米Altera社は、NECがLTE(Long-Term Evolution)基地局に、28nmノード・プロセスで作るAlteraのFPGA を採用したと発表した(ニュース・リリース)。採用されたのは、「Stratix V」および「Cyclone V」である。

 ニュース・リリースには、NECの渡辺 望氏(モバイルRAN事業部長)のコメントが紹介されている。「LTEに移行している移動体通信事業者は、自社ネットワークをより効率的に導入、管理する方法を追い求めている。Alteraの28nm FPGAにより、通信事業者が資本コストと運用コストを削減しながら、そのユーザーに対して優れたサービスを提供できる基地局アーキテクチャを当社が開発することが可能になった」(同氏)。