PR
セキュアMCU「ST33G1M2」 STMicroのデータ。
セキュアMCU「ST33G1M2」 STMicroのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 伊仏合弁STMicroelectronics社は、NFC UICC(Universal Integrated Circuit Card)とNFC eSE(embedded Secure Element)に対応したセキュアMCU「ST33」ファミリの新製品として「ST33G1M2」を発表した(日本語ニュース・リリース)。今回の製品をNFC対応スマートフォンに搭載することで、NFCを利用したモバイル・ペイメントが可能になる。またST33G1M2は専用暗号化チップとしても使える。

 今回の製品に搭載したプロセサ・コアは、英ARM社のCortex-M3をベースとしたセキュア・コア「SC300」である。1.2Mバイトのフラッシュ・メモリを集積する。暗号化専用回路として、トリプルDESに対応したDESアクセラレータや、AESアクセラレータ、NESCRYPTの公開鍵暗号化向けコプロセサ、MIFARE Classic暗号化向けアクセラレータなどを備える。なお、今回の製品は、MIFAREの全ポートフォリオ(MIFARE Classic / MIFARE DESFire) / MIFARE Plus)をサポートしている。さらに、EMVCo及びEAL5+の認証にも対応できる。

 ST33G1M2はウエハー、マイクロモジュール、及びDFN8パーッケージ/WLCSPの形で提供される。既に量産中である。