PR

 米Mentor Graphics社は、ディジタルメディアプロフェッショナル(以下DMP、ホームページ)がMentorの論理シミュレータ「Questa」を導入したと発表した(ニュース・リリース)。DMPはグラフィックス処理IPコアや同SoCの検証にQuestaを適用する。

 Mentorによれば、今回、QuestaがDMPの検証フローに取り込まれた背景には、Questaが検証プランニングからテストベンチの実装と結果解析までの充実した検証機能を備えていること。さらに、業界標準の検証手法でかつDMPの検証インフラストラクチャでもあるUVM(Universal Verification Methodology)を最大限に活用できることがあるという。

 例えば、QuestaをDMPの要求仕様駆動型フローに導入することで、社内の検証環境に適したレジスタ・モデルをCorrect-by-Constructionスタイルで自動的に作成できる。複雑なIPコアやレジスタ数の多いSoCの検証に対応したレジスタ・パッケージはUVMでサポートされているが、検証用にレジスタを手動でモデリングする工数は大きく、ミスが混入しやすい。Questaならば、DMPのエンジニアがスプレッドシートなどの仕様書からレジスタ定義をインポートするだけで短時間でレジスタ検証用モデルを作成し、レジスタ・セット全体のテストを自動化できるという。

 ニュース・リリースには、DMPの大渕栄作氏(取締役コア技術開発部長)のコメントが紹介されている。「DMPのグラフィックス処理IPコアを採用している顧客は、激しい市場競争にさらされており、製品開発サイクルの終盤になってから製品仕様の変更を迫られることは珍しくない。Questaのレジスタ・モデル生成支援機能のおかげで、DMPのエンジニアは、検証全体にしっかりと目を配りながら、顧客の仕様変更要求に非常に柔軟に対応できるようになる」(同氏)。