PR
CAP1298の機能ブロック図 Microchipのデータ。
CAP1298の機能ブロック図 Microchipのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]
評価キットの「CAP1298 Evaluation Board」 Microchipのデータ。
評価キットの「CAP1298 Evaluation Board」 Microchipのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microchip Technology社は、静電容量式タッチ・センサー・コントローラICの新製品「CAP12XXファミリ」を2013年11月25日(米国時間)に発表した(日本語ニュース・リリース:PDF)。既存の「CAP11XXファミリ」を補完する製品である。

 民生用電子機器(タブレットや、プリンタ、オーディオ・プレーヤ、小型家電、テレビなど)市場や車載市場(車室内の各種制御や、センター・コンソール、室内灯など)を中心に幅広いアプリケーションに向ける。CAP11XXファミリの動作電圧は3.3Vだったが、今回の製品は5Vでも稼働するようになった。また、小型パッケージに封止した製品が多いことも特徴である。

 CAP12XXファミリは、CAP1203、CAP1293、CAP1206、CAP1296、CAP1208及びCAP1298の6製品からなる。製品番号の最後は入力チャネル数を表し、最後から2ケタ目は近接センシング機能の有無を表す。「0」は同機能がなく、「9」はある。開発用キットとして、「CAP1298 Evaluation Board」と「CAP1188 Evaluation Board」の2つを共に89.99米ドルで発売した。

 今回発表の6製品はすでにサンプル出荷及び量産を開始している、米国における価格は1万個発注時に1個あたり0.37米ドルより。CAP1203とCAP1293は2mm×3mmの8ピンTDFNパッケージ、CAP1206とCAP1296は3mm×3mmの10ピンDFNパッケージ、CAP1208とCAP1298は3mm×3mmの16ピン QFNパッケージにそれぞれ封止して提供される。