PR

 米Texas Instruments(TI)社は、スイッチング周波数を18k~250kHzの範囲で設定できる力率改善(PFC:power factor correction)制御IC「UCC28180」を発売した。昇圧型DC-DCコンバータを利用したPFC回路で、連続導通モード(CCM:continuous conduction mode)で動作する。フィードバック・ループの制御方式は平均電流モードである。スイッチング素子は集積していない。外付けで用意する必要がある。スイッチング周波数の設定範囲が広いため、IGBTやGaN(窒化ガリウム)トランジスタ、SiC(炭化シリコン)パワーMOSFET、SiパワーMOSFETなどをスイッチング素子に適用できる。産業用電子機器やサーバー用電源、エアコン、照明機器、民生用電子機器、オフィス機器などに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)