PR
今回の製品 Samsungのデータ。
今回の製品 Samsungのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国Samsung Electronics社は、8GビットのLPDDR4型モバイルDRAMを開発した(ニュース・リリース)。同社の20nmクラス・プロセスで製造する。2014年中に量産を始める。

 開発したチップを4枚積層することで、1パッケージで4GバイトのLPDDR4型DRAMとなる。UHDのスマートフォンやタブレット端末、超薄型のノートPC、および高性能ネットワーク・システムに向ける。

 今回のチップはLow Voltage Swing Terminated Logic(LVSTL)と呼ぶI/Oインタフェースを備え、1ピン当たりの転送速度は3.2Gビット/秒である。この転送速度は20nmクラス・プロセスで製造するLPDDR3型DRAMの2倍だという。1.1Vで動作し、消費電力は前世代のLPDDR3型DRAMと比較しておよそ40%削減されているとする。