PR

 米Google社は、「スマート・コンタクト・レンズ」の開発プロジェクトを進めていると発表した。血糖値を計測するためのセンサと無線回路などをコンタクト・レンズ内に形成したものである。同社の公式ブログに掲載した「Introducing our smart contact lens project」と題した記事で明らかにした。

 このスマート・コンタクト・レンズの開発は、Google社の先進研究部門「Google X」の1プロジェクトとして進めている。糖尿病患者の血糖値を監視する用途に向けたものであり、涙に含まれるブドウ糖の水準を計測するセンサと、無線通信の回路やアンテナを、ソフト型コンタクト・レンズの材料で挟み込んだ。現在は1秒に1回計測する試作品をテストしているという。

 血糖値の変化から早期の警告を行うための小型LEDの搭載も進める。ブドウ糖の水準が平常値を超えたり下回ったりしたことを着用者に伝えるために用いる。

 Google社は米FDA(Food and Drug Administration)との議論を始めているが、「人々がこの技術を使えるようにするためにはやるべきことがたくさんある」(同社)とする。Google社はパートナーを募りながら実用化を進め、パートナーに対して自社の技術を供与する方針である。

[画像のクリックで拡大表示]