PR
非常に狭い波長幅の青色光だけを反射、散乱することで、透明さを保ったままスクリーンとして利用可能にある。(図:Image courtesy of Chia Wei Hsu)
非常に狭い波長幅の青色光だけを反射、散乱することで、透明さを保ったままスクリーンとして利用可能にある。(図:Image courtesy of Chia Wei Hsu)
[画像のクリックで拡大表示]
試作した透明スクリーンに青い文字を表示した様子(左) (写真:Image courtesy of Chia Wei Hsu and Bo Zhen)
試作した透明スクリーンに青い文字を表示した様子(左) (写真:Image courtesy of Chia Wei Hsu and Bo Zhen)
[画像のクリックで拡大表示]


 米Massachusetts Institute of Technology(MIT)は、透明なスクリーンを透明なままでレーザープロジェクターで鮮やかな映像を映し出せるスクリーンに変える技術を開発した(論文)。自動車のフロントガラスや店舗のガラス窓、高層ビルの窓ガラスなどをスクリーンとして利用可能になるという。

 透明なスクリーンに映像を映せるようになったのは、直径が62nmのAgナノ粒子をスクリーン上に薄く塗布したことによる。このAgナノ粒子は波長が約460nmの青色(B)の光を照射すると、粒子表面の電子が光と共鳴する表面プラズモン共鳴を起こし、その光を反射する。一方、それ以外の光はそのまま透過する。反射する光の波長幅は非常に狭く、スクリーンの透明さはほとんど損なわれないという(動画)。

 MITが用意した動画は青い単色の映像だが、フルカラーの映像も実現可能だという。具体的には、TiO2やSiのナノ粒子をAgでコーティングしたナノ粒子を用いることで、緑色(G)の光だけを反射するスクリーン、または赤色(R)の光だけを反射するスクリーンを作製できるという。これらを組み合わせることで、フルカラーの映像を透明なスクリーンに映し出すことができるとする。