PR

 電子・電気部品の通信販売を行っているアールエスコンポーネンツ(本社横浜市、以下RSコンポーネンツ)は、無料のプリント回路基板(PCB)用CADツール「DesignSpark PCB」の新版「同 バージョン6」の提供開始した(ニュースリリース)。「プリント基板製造費見積もり機能」や「3D CADエクスポート機能」の他、PCBのレイアウト図と回路図で相互に部品を検索できる「クロスプローブ機能」やユーザがショートカット・キーなどを独自に設定できる「カスタムショートカット機能」といった新機能を追加している。

 プリント基板製造費見積もり機能は、PCBの製造コストを算出する機能。CAD上で設計したPCBから、寸法やレイヤー数といったパラメーターを抽出し、オンライン上で概算見積もりを算出する。PCBのインターネット通販サイト「P板.com」を運営するピーバンドットコム(本社東京)の協力を得て開発した。

 3D CADエクスポート機能は、作成したPCBの設計データをRSコンポーネンツが提供している無料の3D-CADツール「DesignSpark Mechanical」向けに出力する機能で、PCBと筺体や機構部品との干渉などをDesignSpark Mechanical上で検証できる。DesignSpark PCBは、RSコンポーネンツのエンジニア向けコミュニティサイト「DESIGNSPARK」(http://www.designspark.com/jpn/pcb)内からダウンロードできる。